サーバー

サーバー上のEvoStreamメディアサーバー

EvoStreamメディアサーバーは、事実上全てのプラットフォーム上で実行する事が可能です。(推奨OS:Linux、Windows、MacOSX、BSD)
EvoStreamメディアサーバーはメディアストリーミング容量を増加させながらサーバーの負荷を軽減します。
そしてJavaメンテナンスやパッチ適用の必要がなくなり、更にあらゆるコストの大幅な削減につながります。

またEvoStreamメディアサーバーには、コスト削減だけではなく、あらゆるコンテンツを保護、管理し、更に収益へつなげる為に、以下の基本機能が含まれています。


ロードバランス(負荷分散)
WEBサービス…ロードバランスを管理する為の拡張可能なバックエンドを装備しています
Lazy Pull…実行中のビューアがある場合、前方コンテンツのみ許可し、全体的な帯域幅を大幅に削減します
自動転送…コンテンツの連続性を維持するため、異なるPOPへ自動転送します
コンテンツの保護
ストリームのエイリアシング…コンテンツ閲覧可能ユーザー及び時間を制御する事が可能です
Verimatrix DRM…HLSストリームを保護し、基本機能として統合されております
HLS暗号化(AES)…他のDRMサービスを利用する事なくコンテンツを安全に暗号化します
RTMP…Flashプレーヤーと共に暗号化接続を提供します
“透かし”機能…動画に組み入れる事により再分配を阻止します
収益化
ペイウォール方式…有料会員のみ限定コンテンツへのアクセスを可能にし、容易にEMSへインテグレーションされます
広告の挿入…基本機能に含まれており、再生スケジューリングや動作中の広告の挿入などの細かな管理もサーバ側のプレイリストで制御可能です
“透かし”機能…コンテンツ保護だけではなく無料会員・新規ユーザの有料会員へのインセンティブとしても効果的。フリーミアム化には欠かせない機能です
スケーラビリティ
JAVA管理の必要なし…JRE、ガベージコレクション、キャッシュクリア、Javaのセキュリティパッチ…これらは全て必要ありません!
サーバあたり400%超のコネクト…低スペックなハードウェアからでもストレスフリー。ストリームあたりのコストを削減しながらより多くのユーザのサービス利用を可能とします
予測成長率…EMSの負荷プランニングで使用率を計算し、顧客ベースが拡大する際のリソースに与える影響も容易に把握
ローエンドで安価なハードウェアにもネットワーク帯域幅を飽和させます。設備投資を削減しビジネス発展へとつなげます。